阿多 誠介

阿多 誠介 氏名
阿多 誠介 (あた せいすけ)
学位
東京工業大学 工学博士
職位
研究員:2015年4月-
専門
高分子材料(工学博士)

学位

2005年 東京工業大学 工学部 有機材料工学科 卒業(工学士)
2007年 東京工業大学大学院理工学研究科有機高分子物質専攻修了(工学修士)
2010年 東京工業大学大学院理工学研究科有機高分子物質専攻修了(工学博士)

職歴

2010年4月 特別研究員(産総研ポストドクター)
産業技術総合研究所(AIST)ナノチューブ応用研究センター
スーパーグロースCNTチーム
2010年9月 パートナー研究員
ナノテクノロジー・材料・製造分野研究企画室
技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構
2013年4月 研究員
産業技術総合研究所(AIST)ナノチューブ応用研究センター
CNT用途開発チーム
2015年4月 研究員
産業技術総合研究所(AIST)ナノチューブ実用化研究センター
CNT用途チーム

筆頭論文

1-9. High electro-conductive and High Durable Rubber Using with Long Single Wall Carbon Nanotubes: Dispersion Procedure and Composite Propertiesyet high durable rubber using long single wall carbon nanotubes
Seisuke Ata, Howon Yoon, Ayumi Nishizawa, Takaaki Mizuno, Takeo Yamada, and Kenj iHata
Journal of the Japan Society of Polymer Processing (2015, April)

1-8. Influence of matching solubility parameter of polymer matrix and CNT on electrical conductivity of CNT/rubber composite
Seisuke Ata, Takaaki Mizuno, Ayumi Nishizawa, Chandramouli Subramaniam, Don N. Futaba, and Kenji Hata
Scientific Reports, 4, 7232 (2014)

1-7. Scalable, solvent-less de-bundling of single-wall carbon nanotube into elastomers for high conductive functionality Polymer
Seisuke Ata, Howon Yoon, Chandramouli Subramaniam, Takaaki Mizuno, Ayumi Nishizawa, and Kenji Hata
Polymer, 55 (20), 5276-5283 (2014)

1-6. Mechanically Durable and Highly Conductive Elastomeric Composites from Long Single-walled Carbon Nanotubes Mimicking the Chain structure of Polymers
Seisuke Ata, Motoo Yumura, Kazufumi Kobashi and Kenji Hata
Nano Letters, 12 (6), 2710-2716 (2012)

1-5. Anisotropy and Densification of Polymer Ultrathin Films as seen by Multi-Angle Ellipsometry and X-ray Reflectometry
S. Ata, K. Kuboyama, K. Ito, Y. Kobayashi, T. Ougizawa
Polymer, 53 (4), 1028-1033 (2012)

1-4. Possible Origin of Reduced Glass Transition Temperatures of Spin Cast Ultrathin Polystyrene Films
Seisuke Ata, Kenji Ito, Yoshinori Kobayashi and Toshiaki Ougizawa
Chemical Physics Letters, 517, 68-70 (2011)

1-3. Effect of Precursor Solution Concentration at Spincasting on Physical Properties of Polystyrene Ultra-thin Films
S. Ata, R. Honma, K. Ito, Y. Kobayashi, T. Ougizawa,
Japanese Journal of Polymer Science and Technology (Kobunshi Ronbunshu), 67 (11), 626-631 (2010)

1-2. High Rate Crystallization of Polycarbonate in Spincast Thin Film
S. Ata, T. Oka, C.q. He, T. Ohdaira, R. Suzuki, K. Ito, Y. Kobayashi, T. Ougizawa
Journal of polymer Physics, Part B, 48 (20), 2148-2153 (2010)

1-1. Free volume behavior in spincast thin film of polystyrene by energy variable positron annihilation lifetime spectroscopy
S. Ata, M. Muramatsu, J. Takeda, T. Ohdaira, R. Suzuki, K. Ito, Y. Kobayashi, T. Ougizawa
Polymer, 50 (14), 3343-3346 (2009)

非筆頭論文

2-8. Transitions of Aggregation States for Concentrated Carbon Nanotube Dispersion
Takashi Hiroi, Seisuke Ata, Mitsuhiro Shibayama
J. Phys. Chem. C, 120 (10), 5776-5782 (2016)

2-7. Elastomeric Thermal Interface Materials with High Through-Plane Thermal Conductivity from Carbon Fiber Fillers Vertically Aligned by Electrostatic Flocking
Kojiro Uetani, Seisuke Ata, Shigeki Tomonoh, Takeo Yamada, Motoo Yumura, and Kenji Hata
Advanced Materials, 26 (33), 5857-5862 (2014)

2-6. Carbon nanotube-copper exhibiting metal-like thermal conductivity and silicon-like thermal expansion for efficient cooling of electronics
Subramaniam Chandramouli, Yuzuri Yasuda, Satoshi Takeya, Seisuke Ata, Ayumi Nishizawa, Don N. Futaba, Takeo Yamada, and Kenji Hata
Nanoscale, 6, 2669-2674 (2014)

2-5. Controlling exfoliation in order to minimize damage during dispersion of long SWCNTs for advanced composites
Howon Yoon, Motoi Yamashita, Seisuke Ata, Don N. Futaba, Takeo Yamada, and Kenji Hata
Scientific Reports, 4, 3907 (2014)

2-4. Green, Scalable, Binderless Fabrication of a Single-Wall Carbon Nanotube Nonwoven Fabric Based on an Ancient Japanese Paper Process
Kazufumi Kobashi, Tatsuya Hirabayashi, Seisuke Ata, Takeo Yamada, Don Futaba, and Kenji Hata
ACS Applied Materials & Interfaces, 5 (23), 12602-12608 (2013)

2-3. A Dispersion Strategy: Dendritic Carbon Nanotube Network Dispersion for Advanced Composites
Kazufumi Kobashi, Seisuke Ata, Takeo Yamada, Don N. Futaba, Motoo Yumura and Kenji Hata
Chemical Science, 4 (2), 727-733 (2013)

2-2. Evaporation rate effect on starting point of shrinkage stress development during drying process in solvent cast polymer film
Reika Katsumata, Seisuke Ata, Keiichi Kuboyama and Toshiaki Ougizawa
Journal of Applied Polymer Science, 128 (1), 60-65 (2012)

2-1. Annihilation characteristics of positrons in free-standing thin metal and polymer films
A. Uedono, K. Ito, H. Nakamori, S. Ata, T. Ougizawa, K. Ito, Y. Kobayashi, X. Cao, T. Kurihara, N. Oshima, T. Ohdaira, R. Suzuki, T. Akahane, M. Doyama, K. Matsuya, S. Jinno and M. Fujinami
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B, 266, 750-754 (2008)

特許

3-8. カーボンナノチューブ-エラストマー複合材料、それを用いたシール材料及びシーリング材料、及びカーボンナノチューブ-エラストマー複合材料の製造に関する
阿多誠介、畠賢治、友納茂樹
特願2015-031162

3-7. カーボンナノチューブ-エラストマー複合材料、それを用いたシーリング材料およびシート状材料
阿多誠介、畠賢治、友納茂樹
特願2015-031161

3-6. 高機能プリプレグ材料の製造方法
畠賢治、阿多誠介、友納茂樹、尹好苑
特願2015-074258

3-5. 垂直配向炭素繊維を含有する熱伝導性部材
阿多誠介、上谷幸次郎、友納茂樹
特願2014-121852

3-4. カーボンナノチューブ複合材料および導電材料
畠賢治、阿多誠介
特願2011-225033

3-3. カーボンナノチューブ複合材料および伝熱体
畠賢治、阿多誠介
特願2011-220832

3-2. カーボンナノチューブ複合材料及び導電材料
畠賢治、阿多誠介、小橋和文
特願2011-191502

3-1. カーボンナノチューブ複合材料
畠賢治、阿多誠介、山田健郎
特願2011-213995

著書・刊行物・調査報告

4-7. 微量カーボンナノチューブで実現する導電性樹脂
阿多誠介
高分子学会誌 2015年5月号 特集『 高分子を輝かせるスパイス ―添加・混合で拓く高機能化- 』 (2015)

4-6. [速報] 夢の素材を現実へ 第4 回 ナノカーボン実用化推進研究会より
阿多誠介
PEN (ISSN : 2185-3231), 5, 12, pp. 63-64 (2015)

4-5. [寄稿] ナノカーボンを" 社会人" に- 第3回ナノカーボン実用化推進研究会 速報 -
阿多誠介
PEN (ISSN : 2185-3231), pp. 31-32 (2014)

4-4. "台湾 2014奈米技術応用論壇"開催
阿多誠介
PEN (ISSN : 2185-3231), 5, 2, pp. 55 (2014)

4-3. 鉛筆の芯から始まる最先端研究
阿多誠介
「化学と教育」誌(ISSN : 0386-2151 / 0386-2151), 62巻 1月号

4-2. はじまったナノカーボン材料の本格的な実用化に向けた取り組み-第1回ナノカーボン実用化推進研究会 開催-
阿多誠介
PEN(ISSN 2185-3231), 4, 6, 18-21 (2013)

4-1. 特集寄稿 柔軟性の高い導電性・機械特性を実現した複合材料の開発
(独)産業技術総合研究所 畠 賢治、技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構 阿多誠介
Polyfile vol. 49 (580) 2012年6月号

プレスリリース

5-3. 極少量の単層カーボンナノチューブを添加して作った導電性樹脂ゴム -帯電防止や静電気除去など多様な用途使応用に期待-
畠賢治、小橋和文、阿多誠介
2011/10/11 AISTより (日刊工業新聞 化学工業日報)

5-2. チタン並みの熱伝導率をもつ単層カーボンナノチューブ/炭素繊維/ゴム複合材料 -軽くて薄く、柔らかい放熱材料の実現に道-
畠賢治、小橋和文、阿多誠介
2011/10/6 AISTより (日刊工業新聞 化学工業日報)

5-1. 単層カーボンナノチューブを用いた導電性ゴムを開発 -高伝導率、高機械耐久性を実現、フレキシブルデバイスへ道-
畠賢治、小橋和文、阿多誠介
2011/9/7 NEDOより (日刊工業新聞 化学工業日報 日経産業新聞)
   →日本経済新聞 2011年度 実用・新規・話題部門 9位

プレス

6-4. 「立教大と産総研、垂直方向の熱伝導炭素繊維ゴムシート開発」
日刊工業新聞 2015年3月27日

6-3. 「垂直方向に熱伝導」
日刊工業新聞 2015年3月27日

6-2. 「ゴム耐熱温度 CNT混ぜ100℃上昇 -構造補強、ラジカル補足」
日刊工業新聞 2015年3月24日

6-1. 「CNTの製品化支援 TASC加工法などを助言」
日刊工業新聞 2014年10月20日22面