受賞

第14回 産学官連携功労者表彰2016年8月26日
第14回 産学官連携功労者表彰 選考委員会特別賞(業績名:カーボンナノチューブ研究開発に於ける産官学連携)を受賞しました。(受賞者:湯村守雄*、畠賢治*、友納茂樹* (*産総研)、上野光保** (**技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構)、荒川公平***(***日本ゼオン㈱))
平成28年度全国発明表彰21世紀発明奨励賞2016年6月15日
平成28年度全国発明表彰21世紀発明奨励賞(業績名:超高効率な単層カーボンナノチューブ合成法の発明)を受賞しました。(受賞者:畠賢治*、湯村守雄*、Futaba N. Don* (*産総研)、飯島澄男** (**名城大学))
平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰開発部門2016年4月20日
平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰開発部門(業績名:スーパーグロース法単層カーボンナノチューブの量産技術開発)を受賞しました。(受賞者:畠賢治*、湯村守雄*、Futaba N. Don* (*産総研)、荒川公平**、上島貢** (**日本ゼオン))
第45回日本産業技術大賞審査委員会特別賞2016年4月6日
第45回日本産業技術大賞審査委員会特別賞(業績名:スーパーグロースカーボンナノチューブ量産技術完成)を受賞(受賞者:産業技術総合研究所)しました。
産総研論文賞2016年4月1日
産総研論文賞(講演名:One Hundred Fold Increase in Current Carrying Capacity in a Carbon Nanotube-Copper Composite)を受賞(受賞者:山田健郎、小橋和文、関口貴子、Futaba N. Don、湯村守雄、畠賢治)しました。
第12回飯島奨励賞2016年2月21日
第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウムにて第12回飯島奨励賞(講演名:On tip monolithic integration of microcapacitors with tunable performance)を受賞(受賞者:Karolina Urszula Laszczyk)しました。
2015年7月3日
The Sixteenth International Conference on the Science and Application of NanotubesにてNT15 Poster Presentation Award(ポスター名:Lithographically patternable and lightweight CNT-Cu composite interconnects showing longer lifetime and comparable conductivity to pure Cu)を受賞(受賞者:関口貴子)しました。
2014年1月31日
nano tech 2014にて産学連携賞を受賞(受賞者:日本ゼオン株式会社)されました。おめでとうございます。
第1回TIAナノエレクトロニクス・サマースクール奨励賞 2013年9月2日
第1回TIAナノエレクトロニクス・サマースクールにて第1回奨励賞(講演名:Super Growth: Unexpectedly High Yield Carbon Nanotube Synthesis from Low Activity Carbon Feedstocks at High Concentrations)を受賞(受賞者:木村寛恵)しました。
第9回飯島奨励賞 2013年3月12日
第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて第9回飯島奨励賞(講演名:A patternable CNT-Cu composite possessing hundred-times higher electrical current-carrying-capacity than metals)を受賞(受賞者:Chandramouli Subramaniam)しました。
The INC8 Japan Nano Day Best Poster Award 2012年5月8日
第8回国際ナノテクノロジー会議(INC8)にてThe INC8 Japan Nano Day Best Poster Award(ポスター名:Efficient electrical power transport using carbon nanotube-copper composite with over 100 times higher current carrying capacity than metals)を受賞(受賞者:Chandramouli Subramaniam)しました。
2011年12月7日
第25回ダイヤモンドシンポジウムにて最優秀ポスター賞(ポスター名:SWCNTsをキャリアとしたがん細胞イメージングプローブの開発)を受賞(受賞者:飯泉陽子)しました。
第7回飯島賞 2011年3月9日
第40回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウムにて第7回飯島賞(講演名:広い温度範囲(-196℃‐1000℃)で安定した粘弾性)を受賞(受賞者:徐鳴)しました。
2010年4月27日
日本化学会第90回春季年会にて学生講演賞(講演名:n型半導体特性を示すアザフラーレン内包カーボンナノチューブの電子構造)を受賞(受賞者:飯泉陽子)しました。
第6回日本学士院学術奨励賞 2010年3月1日
第6回日本学士院学術奨励賞(業績名:カーボンナノチューブ合成の基礎と用途開発への応用に関する研究)を受賞(受賞者:畠賢治)しました。
第6回日本学術振興会賞 2010年3月1日
第6回日本学術振興会賞(業績名:カーボンナノチューブ合成の基礎と用途開発への応用に関する研究)を受賞(受賞者:畠賢治)しました。
第5回飯島賞 2009年3月3日
第36回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウムにて第5回飯島賞(講演名:カーボンナノチューブ基板を用いた集積3次元MEMSデバイスの創製)を受賞(受賞者:早水裕平)しました。
第18回つくば奨励賞 2008年10月10日
第18回つくば奨励賞(若手研究者部門)(業績名:スーパーグロース-革新的カーボンナノチューブ合成法)を受賞(受賞者:畠賢治)しました。
第24回応用物理学会講演奨励賞 2008年9月2日
第24回応用物理学会講演奨励賞(講演名:配向カーボンナノチューブ基板を用いた集積3次元MEMSデバイスの創製)を受賞(受賞者:早水裕平)しました。
2008年3月4日
第34回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウムにて第4回飯島賞(講演名:ZnPc-ナノホーン-蛋白質ナノハイブリッドの構築とその光線力学治療への応用)を受賞(受賞者:張民芳)しました。
平成19年度文部科学大臣表彰若手科学者賞 2007年4月17日
平成19年度文部科学大臣表彰若手科学者賞(業績名:超高効率単層カーボンナノカーボンナノチューブ合成の研究)を受賞(受賞者:畠賢治)しました。
平成18年度理事長賞を受賞しました。 2007年4月2日
平成18年度理事長賞を受賞しました。
第32回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム(主催:フラーレン・ナノチューブ学会)にて第3回飯島賞 2007年2月14日
第32回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム(主催:フラーレン・ナノチューブ学会)にて第3回飯島賞(「Shape Engineerable Single Walled Carbon Nanotube Bulk Solid」)を受賞(受賞者:二葉ドン)しました。
「スーパーグロース技術」がナノテクフェア2005で素材部門賞を受賞(受賞者産総研)しました。 2005年2月25日
「スーパーグロース技術」がナノテクフェア2005で素材部門賞を受賞(受賞者産総研)しました。