カーボンナノチューブ解説

カーボンナノチューブ(CNT)炭素原子だけで構成される直径が0.4~50nm、長さがおよそ1~数10μmの一次元性のナノ炭素材料。その化学構造は、グラファイト層を丸めてつなぎ合わせたもので表され、層の数が1枚のものを単層CNT、複数のものを多層CNTと呼ぶ。

カーボンナノチューブの特性と応用

ナノチューブ実用化研究センターのホームページにて詳細紹介しています。>>こちらをご参照ください。