リスクマネジメント関連情報

EPA、動物試験代替法に関する科学政策の草案を公開

2018年5月2日

米国の環境保護庁(EPA)は、化学物質が皮膚にアレルギー、炎症、あるいは過敏反応を引き起こすかどうかを評価する試験に使用される脊椎動物の数を減らすための科学政策の草案を公開した。本草案には皮膚感作性試験に用いることが可能な動物試験の代替法と、その科学的な評価がまとめられている。パブリックコメントの募集期限は2018年6月9日である。

https://www.epa.gov/newsreleases/epa-releases-draft-policy-reduce-animal-testing-skin-sensitization

Interim Science Policy: Use of Alternative Approaches for Skin Sensitization as a Replacement for Laboratory Animal Testing:PDF 513KB

https://www.regulations.gov/contentStreamer?documentId=EPA-HQ-OPP-2016-0093-0090&contentType=pdf