リスクマネジメント関連情報

OECD、工業ナノマテリアルの安全性についての報告書を公開

2018年6月14日

経済協力開発機構(OECD)は、2018年2月に開催された工業ナノマテリアル作業部会(WPMN)会合の際に、各国代表が提供した工業ナノマテリアルの安全性への取り組みの進捗状況に関する情報を編集した報告書「Developments in delegations on the safety of manufactured nanomaterials – tour de table」を公開した。

国・地域

取り組みの概要

オーストラリア

化学物質管理の枠組み(NICNAS)を改正中。新制度実施のためにナノ形状の化学物質の規制アプローチの検討が予定されている。

オーストリア

先延ばしにされていた国家ナノ行動計画実施のためのプログラムNANO EHSが立ち上げられた。

ベルギー

ナノマテリアル登録制度の初回の年次報告書を公開中。

カナダ

優先度の高いナノマテリアルの環境・健康リスクの評価の指針となるリスク評価のフレームワークを開発中。専門家へのコンサルテーションを2018年中に実施することを予定。

チリ

国立サンティアゴ・デ・チレ大学を中核とする研究開発の枠組みCEDENNAで安全性への取り組みを実施中。

デンマーク

2014年に開始されたナノ製品登録制度の評価の一環として、近隣諸国が自国市場でのナノマテリアルの使用状況をどのように把握しているのかを調査。調査結果は2018年中に公開される予定。

フランス

国立食品・環境・労働衛生安全庁(ANSES)は2018年3月に欧州化学品庁(ECHA)の欧州共同体ローリング行動計画(CoRAP)リストに掲載されている二酸化チタンについて物質評価プロセスを開始する予定。

ドイツ

「自動車分野におけるナノテクノロジー」をテーマに専門家会議NanoDialog(第5期)を開催し、報告書を公開。連邦環境庁(UBA)と連邦リスク評価研究所(BfR)は、酸化亜鉛(とくにCoRAPに掲載されているナノサイズの酸化亜鉛)の物質評価を実施中。

イタリア

RInnovaReNanoがナノマテリアルの安全性に関連する情報を発信するウェブプラットフォームを公開。

韓国

第3期の国家ナノテクノロジーロードマップを作成中。ロードマップにはナノ製品の健康・環境影響に関する課題に取り組むための技術開発が含まれる予定。

オランダ

社会基盤・水管理省と国立公衆衛生・環境研究所(RIVM)は、Safe by Designをナノマテリアルの研究開発で実践するプロジェクトProSAFE の提言および関連の実施中・新規のナノ安全関連のイニシアチブに基づいて、ナノマテリアル規制の「将来においても有効なアプローチ」の構築についてEUに共通計画を明確にするために政策会議を開催する予定。

イギリス

公衆衛生庁(PHE)がナノサイズの酸化セリウム、酸化鉄、銀およびカーボンナノチューブを用いた吸入毒性に的を絞ったナノ毒性プログラムを実施中。

アメリカ

環境保護庁(EPA)は、有害物質規制法(TSCA)第 5項に基づいて4種類の量子ドットおよび1種類の単層カーボンナノチューブの製造前届出のレビューを実施する予定。EPAは5種類の量子ドットおよび4種類のナノダイヤモンドに対する低生産量免除についてもレビューを実施する。

EU

REACH付属書の改定作業が進行中で、2018年後半には改訂案の採択が予定されている。欧州委員会提案のナノマテリアルの定義(2011/696/EU)の微修正が2018年後半に予定されている。

タイ

タイ工業製品基準機関(TISI)とタイ政府はナノテクノロジー関連の5つの工業標準ガイダンスの作成を2021年までに開始することを提案。提案されたガイダンスは、△工業ナノマテリアルを含有する消費者製品の自主的なラベリング、△原子間力顕微鏡(AFM)を使用したナノ粒子のサイズ計測、△ナノマテリアル物質安全データシート(MSDS)の作成、△工業ナノマテリアルの職業リスク管理‐第一部:原則と手法、△工業ナノマテリアルの職業リスク管理‐第二部:コントロールバンディングアプローチの利用。

Developments in Delegations on the Safety of Manufactured Nanomaterials – Tour de Table, Series on the Safety of Manufactured Nanomaterials, No. 87:PDF 1.36 MB

http://www.oecd.org/officialdocuments/publicdisplaydocumentpdf/?cote=env/jm/mono(2018)10&doclanguage=en