リスクマネジメント関連情報

オーストラリア、新制度向け化学物質登録分類のガイダンスを公開

2018年6月14日

オーストラリア国家工業化学品届出審査機構(NICNAS)は、2019年7月1日から運用を予定している新制度(Australian Industrial Chemical Introduction Scheme:AICIS)向けの6件の化学物質分類のケーススタディを公開した。NICNASは、ケーススタディは新制度で新規工業化学物質を登録する際の化学物質の分類プロセスを理解するのに役立つとしている。

ケーススタディは化粧品および非化粧品用の新規化学物質の導入の典型的なシナリオに沿って、新制度で登録申請者がどのように新規化学物質を分類するのかを示している。ケーススタディには、△分類に必要な情報のチェックリスト、△化学物質導入の分類のためのステップの概要、△1~6までの各ステップの解説、△今後の予定と現在の制度との簡単な比較が各巻に含まれている。

非化粧品用途のケーススタディ

 ・低濃度

 ・高生産量・低有害性

 ・高分子重合体

化粧品用途のケーススタディ

 ・極めて低い生産量・有害性情報なし

 ・低濃度

 ・高生産量界面活性剤

NICNAS Reform, Case studies — guides to categorising chemicals

https://www.nicnas.gov.au/reforms/Rules-Guidelines/draft-categorisation-guidelines-main/case-studies-guides-to-categorising-chemicals