リスクマネジメント・カーボンナノチューブ関連情報

ECHA、化学物質データベースをアップデート

2019年7月5日

欧州化学品庁(ECHA)は大規模なアップデートが完了した化学物質データベースを公開した。化学物質情報カード(Infocard)への新規情報の追加、詳細データセットへのクイックリンクの整備、ナノマテリアル のより一層の可視化などが図られている。化学物質情報カードは、専門家だけでなく、消費者や川下ユーザーも容易に化学物質の基本的情報を得られるようにECHAによって開発された。

化学物質情報カードの「懸念される物性」、「規制策」、「その他の識別子」などの各セクションの内容は再構築・拡充され、より豊富な情報へ容易にアクセスできるようになっている。

また、化学物質情報カードには新しく「ナノマテリアル」 のセクションが設けられ、ある物質がナノサイズの材料として欧州経済領域(EEA)市場に上市されているかどうかが示されるようになった。

https://echa.europa.eu/-/major-update-to-echa-s-information-on-chemicals-database